風来のニート〜元住所不定無職ガチ勢の日常〜

プチ潔癖+心配性の元社畜がノリと勢いで世界一周した話、ダイビング、ギター、イラスト、サバゲー、趣味と仕事と生き様について語ります

台湾にある猫の楽園 猫村に行ったら癒されすぎた

ようやく夏らしくなってきましたね。
汗っかきな私はすでに日本から逃亡したいです。

おがわやで。( ^ワ^ )


さて、猫好きの皆様に朗報です。


台湾に猫村があるのをご存知でしょうか?
猫だいしゅきな私は猫村の存在を知っていてもたってもいられなくなりました。
今回は猫好きな皆様に送る台湾が誇る猫村の情報をお届けします。


猫村って?

台湾に実在する楽園

観光地として有名な九份の隣駅にある小さな町です。
元々炭鉱の町として栄えましたが、現在は猫がたくさん居る町としてSNSを中心に人気を集めるようになってきました。
米CNNの「世界6大猫スポット」に認定された超猫スポットです。


どうやって行くの?

台北駅からは台鉄宜蘭を利用して、猴硐駅で下車します。あとは駅の高架橋を渡った先が猫村です。
私は九份で宿泊後の翌日に猫村へGO!!!しました。

電車を降りると、そこは猫村でした。

f:id:kannzinn:20190729163727j:plain

猫村って書いてあるじゃん。すげぇ、猫の村だ…


f:id:kannzinn:20190729163533j:plain

とにかく街のあちこちにあるイラストがかわいい
町を管理している人の愛を感じます


f:id:kannzinn:20190729163742j:plain

改札を抜けるとすでにねこいるし!
駅施設内に猫がいるのははじめて見たなぁ。


猫村の反対側は炭鉱の名残が

f:id:kannzinn:20190729164009j:plain


廃墟ファンにもたまらないこの朽ち果てた感じ。
世界が終わった後、人間が地球からいなくなった後の世界っぽいですね。
何時間でも眺めていれそうです。


f:id:kannzinn:20190729164055j:plain

炭鉱の名残×猫のモニュメント?もありました。かわいい。
炭鉱博物館もあり、無料で閉山までの歴史や当時の労働者の生活を学ぶことができます。


ここからは猫の写真をお楽しみください。


私が訪れた時もたくさんのねこちゃんが迎えてくれました。まぁ、ほとんど寝てましたけどね☆

f:id:kannzinn:20190729163803j:plain

コロコロタイムなぬこさん


f:id:kannzinn:20190729163850j:plain

こちらは炭鉱側の売店近くをウロウロしてた子


f:id:kannzinn:20190729163906j:plain


毛繕いしながらくつろぐねっこ
ちなみに不用意に手を出すと猫パンチする子もいるので猫を撫でるときは慎重に。


f:id:kannzinn:20190729164104j:plain


ぬこ


f:id:kannzinn:20190729164113j:plain


ねっこ
べ、べつにだんだん説明が面倒になって来たとかじゃないですよ!
駅の高架橋にはキャットウォークが設置してあり、ここでもたくさんのねこちゃんと出会うことができます。



f:id:kannzinn:20190729164123j:plain


壁に描かれた絵がこれまた極上キュートでした。
本当になんだここは。癒されるものしかない。廃墟含めて



f:id:kannzinn:20190729164203j:plain

こちらはふらっと立ち寄った猫カフェで飼われているぬこ
猫村は本当に小さな町なので飲食店も少ないです。
猫カフェなど立ち寄る予定がなければ台北などで食事を済ませるとスムーズに観光できるかもしれません。



猫村でねこたちに最高に癒されよう

いかがでしたでしょうか。ねこ好きで行動力のある方はもう台湾行きの航空券を手配してしまったのではないでしょうか?
のんびりした小さな町を散策しながらねこを眺めるのは最高の癒しです。
日常に疲れた人も、そうでない方も訪れてみてはいかがでしょうか?

おがわがお送りしました!( ^ワ^ )ノシ