風来のニート〜元住所不定無職ガチ勢の日常〜

プチ潔癖+心配性の元社畜がノリと勢いで世界一周した話、ダイビング、ギター、イラスト、サバゲー、趣味と仕事と生き様について語ります

俺30thアニバーサリー!30代を迎えるにあたっての意気込みを語ってみる

こんばんは!おがわです!
先日をもちまして私の人生が30周年ANNIVERSARYを迎えました!!
ここからは30thリミテッドエディションな私でお送りしていきます!



いよいよ30代ですよ。さようなら20代。
大人になってあっという間に10年が過ぎ、同級生は結婚して子供がいたり、責任ある立場でやりがい持って仕事がんばってたり、はたまた私は住所不定無職かニートだったり…
人生が出会いや自分の選択で色々な方向に展開してゆくのがよくわかりますね。
期間限定であれば自分の人生を見つめ直すニートだっていいじゃない。


そんな感じで、今日はちょっと30代を迎えるにあたっての意気込みを描いてみたいと思います。
よければお付き合いください。

結婚や家族と、『自分が今本当にやりたいこと』について思うこと

正直、結婚してたり子供がいる友人は羨ましいです。
それこそが私の親が身をもって示してたしあわせの模範だと思っていたし、前職の工場勤務のときに憧れた未来でした。
ただ、残念ながら私にはそのような縁が無く現在に至っています。

それと、私は社畜貯金を自分が一番やりたいことに遣い、海外周遊旅行をしています。
こればかりは結婚して子供がいる普通の家庭では絶対できないはず。

彼らは彼らの人生があり、私には私の道がある。
私は今私にできる一番後悔しないことをして生きるだけ。

30代は今までよりもそんな芯を強く持って生きていきたいです。
(じゃないと世間に押し流されて自分に嘘をついてしまいそうなので)


心がワクワクする方向へ素直に向かって生きれる自分でありたい

正直、【オトナ】を10年もやると一般的に触れる娯楽にはマンネリや飽きを感じてきませんか。
私は19才で仕事をはじめて、友達と遊ぶこと=カラオケかボーリング。というのが正直つまらなくて楽器やダイビングなど色々な趣味を始めました。
趣味を通して色々な出会いがあり、それが今の自分を形作る深いものになっています。
30代はもっともっとやりたいことに向かってまっすぐ挑戦できる人間でありたいです。


カフェの専門学校に通った経験を活かす

南米旅行のあとは就職を考えていますが、副業からキッチンカーでのコーヒーや軽食販売をはじめたいと考えています。
まだ構想段階でイメージが固まらないと行動に移せないため、どうなるかはわかりませんが個人的には仕事をしながら副業でやりたいことをやって、自分の適性を踏まえて一本で、という生き方の人が一番かっこいいと考えているので社畜をしながら充実した生き方の模索をしていきたいです。


彼女を作る

かわいいかわいいショートヘアの彼女を作ります。必ず。…必ず!!!
絶対に小倉ゆず似の彼女を作って先に結婚した奴らが指くわえて悔しがるような未来作ってやっかんな!!!覚悟しなッッ

30代を迎えるにあたって まとめ

これからの人生について今が一番色々と考えるタイミングなんだと思います。
やってみたいことは確かに色々あるけど、10年かけて作られた静岡で暮らす基盤を壊すのは中々勇気がいる決断になるので、色々と吟味して今後の人生の方向性を考えて生きたいと思います。


さて30周年記念ということで次回は2019年を振り返ってみますかね。
オガヴァがお送りしました!!