風来のニート〜元住所不定無職ガチ勢の日常〜

プチ潔癖+心配性の元社畜がノリと勢いで世界一周した話、ダイビング、ギター、イラスト、サバゲー、趣味と仕事と生き様について語ります

寿司と聞いてちゃんとテンションが上がるようになった話

今週のお題「寿司」


こんにちは。おがわです。
テーマについて書いてみます。
お題は寿司。

わたしね。ちょっと前までお寿司好きじゃなかったんですよ。
シーチキン巻きしか食べれなかったんです。


だから回転寿司の長蛇の列や寿司と聞くとテンションブチ上がる人を見るたびずっと疑問に思っていました。

そうまでして食べたい?

自分でもぞっとするくらいクソ冷めた発言。
でも週末の回転寿司とか地獄のような混み具合じゃん。そんな待ってまで食いたい?

いや、別にケンタッキーでよくね?


結果として、それが寿司なんですね。

なん十分待ったとしても、隣接したフライドチキン屋やとんかつ屋ハンバーガー屋が一瞬で入れたとしても、食べたい。
家族で回るお寿司をワクワク待ちながらわいわい食べたい。
エンターテイメントと家族団欒の両立。
そういう俯瞰で捉えてみると、回転寿司ってすごいなと勝手に感心してしまいます。



最近は寿司の美味しさがわたしもすこしずつ分かってきまして寿司と聞くとテンションがそれなりに上がるようになってきました。
炙りサーモンとヒカリものが好き。
炙りトロいわしにつて語り出したら2万字いっちゃいそうなのでこの辺で失礼します。
今日は簡潔にw

おがわがお送りしました!!

おがわ、仕事辞めたってよ

前略

皆さんお元気ですか?
暑くなってきましたが、体調などくずしていませんか?

わたしは程々に元気にギターを弾いたりコーヒーを淹れたりと相変わらずバタバタした日常を過ごしております。


どうして放置してたブログを更新したかって?

仕事辞めたからです。
仕事辞めて時間が作れたからです。
今回はわたしの近況をまとめつつぶちまけてみようと思います!

なんで仕事辞めたの?

結論から言ってやろうか。死にそうだったからだよ。
みなし残業50時間、平日は仕事、飯、寝るのみんな大好きとっても充実した社畜フルデイズ!!!
一番命の危険を感じるのは真夏の炎天下、トラックの荷台で行う梱包作業。
脱水や熱中症の危険が本当に高く死にそうでした。
物流に関わらず暑い中仕事してる人は本当にすごいよ。

時間は大事

金に換えることはできても、お金で買えないのが時間。
今年に入ってからコーヒー出店活動やバンド活動が増えて、準備に必要な時間も増えました。
平日疲れて寝ちゃう毎日の中で時間の捻出はかなり厳しいものがあり、使える時間と仕事のバランスを整える必要がありました。

どうせがんばるなら自分のやりたいことした方がよくね?

仕事を続けるうちにたどり着いた真実。
自分のやりたいことがあるなら、そっちで頑張った方がよいのでは?と気がつく。

そして退職へ…(そして伝説へみたいに言うな)

そうしてわたしは今、夏休みを過ごしております。
次の仕事は喫茶店に内定が決まっていたんですが、内定取消しという究極奥義をモロに食らっちまいまして、現在ニートでっっすぅううう!!!!
今は失った時間を取り戻すためにアマプラ見たりコーヒーでの開業にむけて多方面に動きつつ、アルバイトを探しております。
無期限夏休みになっちまったのでゆっくり仕事探します。

小川がお送りしました!!

世界一周して変わったと思うこと

こんばんは。
冬キャンでくそ寒い思いをしたのに、またやりたいと思い始めているオガヴァです。
寒さは暑いのと違ってまだ我慢できるええわ。

さて、みなさんいかがお過ごしですか?
世界一周した後の世界はコロナの蔓延もあり、私は今だに今までと全く違う日常に感じています。
そして、一番実感していること自分が『家と会社の往復だけでは満足できない体質』ということ。
充実した生活なのに物足りなさ、虚しさが心の片隅にずっとあって、『旅の日々』の中で満たされていた部分が今は虚無ってるみたいですね。

世界一周して変わったこと

さて、本日は世界一周して自分の中で変わったことの一部を紹介します。
旅に出る前、この旅が終わったら自分がどんな人間になっているんだろう?なんて考えたり考えなかったりしましたが、意外と旅前と後で変わったことが色々あることに気が付いくことがあります。
長い旅行に行ったところで人間簡単には変わらないと思いますが小さな変化の積み重ねが成長だと思うので、もしこんな人間になりたい!とか旅を通して成長したい!という方はぜひ参考にしてみてください。

距離感がバグる

どこまでが『近く』でどこからが『遠いのか』それは人それぞれで普段の行動範囲で大きく変わる感覚だと思います。
旅の前までは隣の県まで行くことすら遠いと感じていましたが、バスで10時間以上かけて国境超えを何度も経験していると、車でたかだか3〜4時間なんて感覚的にほぼ『徒歩圏』とか思いはじめてきます。
さらには飛行機で数時間だったらもっと近い。
台湾とか超近所。お隣。
コロナが治ったら自由に動き回りたい。

仕事に精が出なくなる

日本で普通に働く生活は仕事が9割だと思います。平日は。
でも世界を自分の足で見て回り、色々な生活をしている人たちとふれあい、色々な選択肢が生きて行く中であることを知ると、良くも悪くもなんか力抜けちまいました。
今までは仕事などでミスすると『自分はなんて役に立たないんだ』と激しい自己嫌悪に陥っていましたが、今はなんかミスっても『まぁ、死ぬことはないしな』とあまり落ち込まなくなりました。
良いことなのか悪いことなのかわかりません(笑)


アウトドア向けの服を選ぶことが多くなる

バックパッカー生活の名残ですね。
一枚で何役もこなせたり、多機能の服を普段から着るようになりました。
なんかそんな服ばかり着ていたせいかおしゃれもアウトドア寄りに。
私シャツにカーデガンが好きだったんだけどな。

汚れや不潔に強くなった

使ダニだらけのベッドで寝たり、使い方わからんようなトイレと戦ったり、風呂に何日も入れないときもあるサバイバルなバックパッカー生活を経て、もう日本の衛生環境ハイレベルすぎんだろ。日本でいう『ちょっと汚い』とかもうほぼ気にならんわ。ってなりました。
でも臭いトイレだけは涙目です。

まとめ

いかがでしたか?
旅で様々な困難を乗り越えた先の自分はちょっとだけ色々と強くなっているようです。
物事に対する捉え方も、自分が置かれている状況や環境に対する考え方なども少しずつ変わっていて、旅に出る前の自分との変化時々はっと感じながら今の社畜ライフを送っています。

そして、一番心に変化があったのは
『本気で行こうと思えばどこへだって行ける』
ということを実感として得ることができたこと。
これはきっとどこへでも行くことができるなら、何にだってなれると同じことだと思うのです。

いつからでも遅くない。
本気で思って、行動したとこから自分の人生が始まると思います。
仕事辞めてぇ!!!

オガヴァがお送りしました!!

世界一周南米編出発から1年が経ちました

メリークリスマスイヴ。


こんばんは。オガヴァです。
みなさんお元気ですか?
大変久しぶりの更新となりました。


私の近況ですが最近は残業サブスク運び屋をやっとりますので月々定額賃金で残業し放題です。

ただいま絶賛やってらんねぇ‼︎‼︎‼️が口癖になってます。
限界がすぐそこに迫っているのを感じますね☆


まぁ今回改めてブログを描きたくなったかというと、本日で南米に旅立った日からちょうど一年が過ぎたという節目の日なんです。


f:id:kannzinn:20201224213923p:plain

2019年のクリスマスイブ。
これだけの荷物をリュックサックに詰め込んでブラジルに飛び立ちました。
地元の駅では電車が遅延して飛行機に乗れるかハラハラしたり、エチオピア経由の飛行機は12時間くらいすわりっぱなしでアマゾンプライム祭りしたり、エチオピアのトイレが激ヤバだったりと、初日から様々な洗礼を受けたことを昨日のことのように覚えています。

うそです。昨日のことのようには覚えていませんw
もうさすがにおぼろげですが、ブラジルのサンパウロ空港にSIMカード買えるカウンターがなくてスマホが使えずに宿まで行かなければならなかったり、夜遅く治安があまりよくないサンパウロの街をビクビクしながら歩いたり。などは覚えていますw
宿を間違えてさらに夜遅く街を歩くことになったのは怖かったなぁ。誘拐されなくてよかったw

そんな感じで、一年前の今日始まった私の世界一周の集大成と言える南米編は本当に楽しくて、また行きたいなってずっと思っています。
旅の記憶を整理をするためにも、また少しずつブログを再開していけたらなと思います。


それと、改めて日本で働くようになると、旅行に行く前とあとで自分の物事に対する考え方や捉え方が変わったことを感じることが多々ありました。
次回はそんなことも描いてみたいなと思います。


オガヴァがお送りしました!

Re:ゼロから始める社畜生活 ニートから正社員になりましたが色々とヤバイ件


こんばんは
長いこと更新期間が空いてしまいました。
皆さまお元気でしょうか?


リアルタイムではニートから正社員にジョブチェンジしました。
オガヴァです。


仕事のことについて色々と書きたくなっのでぜひお付き合いください。

オガヴァの近況 1.就職して1ヶ月が経過

f:id:kannzinn:20200822023553p:plain
新型コロナの世界的拡散によって予定より早く南米旅行を切り上げて帰国してから5ヶ月。
ようやく物流関係、ルート配送の仕事につきましたが、まぁ激務です。
朝6時30分に出勤し、遅ければ帰宅は19時30分。
朝から晩まで体をフルに使う仕事のため、帰宅後は風呂飯死んだように寝る日々です。

あれ?これまた社畜じゃない?

1ヶ月やってわかったルート配送における無理ゲーな部分

・積み込みが恐ろしくしんどい
・外仕事なため暑さで死にそう
・全力ダッシュで配達しないと定時で帰れない
・仕事内容多すぎ
・1人でやる仕事なのに、1人でやると時間かかりすぎて無理
・道、家を完全に暗記しなければいけない(ナビとか無い)

自分は今どんなことがやりたいか、自己分析して就いた仕事ですが、上記のような無理ゲー仕様ということが1ヶ月で次々と判明しました。
中でも暑さは深刻で、私は人の3倍汗をかく体質なのでもう朝から毎日水かぶったような状態になっています。自分の汗で。
これほど大変なんて知らんやん。

体が痛い。

ドライアイスなどで手が荒れる
・重たいものを上げる、しゃがむ、立つを繰り返すので膝が痛い。
・重たいものを持つ、かがむことが多いので腰が痛い。
・発泡スチロールの持ち手部分が指先しかひっかからないため、指先が変な痛みを発症している。
・重たいものを手首で支えるため、腱鞘炎のような痛みが手首にある。痛い。


たった一ヶ月でこれだけカードが揃ったよ☆
どれかひとつでも重症化したら辞めるべきですね。
腰、膝壊したら今後の人生に大きな障害が生じてしまいますから。

仕事のいいところ

・好きな時間に休憩できる。
・運転するのは楽しい。
・退屈しない。
・土日休み

車を運転する仕事っていいな。って思います。

仕事、続けられそう?

正直な話、マジでわかりません。
1人で業務を行った場合、何時間かかるかマジで想像つかないのです。
体質や体の負担的に長く続けるのは難しいかもしれません。
正直、やって1年くらいってキメてますけどね。


同期がすでに1ヶ月経たずに退職したり、次々と新しく人が入って来て、また現在活躍している社員の方が辞める。という話をひっきりなしに聞くので人が定着しない、求人募集かけっぱなしの仕事はやっぱやべぇんだな。というのが現在の率直な感想です。

独り立ちするまではがんばってみます。
そのあとはわかりませんw

もしも仕事を辞めたら

普段から利用している音楽スタジオの店員さんになりたい。
もっと汗かかずに仕事できる会社に入りたい。
コロナにより転職事情は最悪ですが、なんとかそれなりの収入を作っていきたいですね。


オガヴァの近況 仕事編

Re:ゼロから始める社畜生活
悪夢の中途採用

今後もまた近況をお伝えしていきます。
お楽しみに!

オガヴァがお送りしました!

ノルウェーから来たワイからしたらドイツは物価激安の殿堂だった。


お久しぶりです。
着慣れないスーツを着て御社で働きたいです。なんておぞましい寝言のような言霊を面接官にぶつける日々を送っていました。

就活キツイぞこれ…


第一志望の会社から内定をいただいたのでおそらく7月からはニート脱却、Welcome back Shachiku life.
世界に社畜を広めようプロジェクト責任者なので仕方ありません。
もし私がよく住宅街を走るトラックの中で干からびていたとしたらそっとモンスターエナジーを差しのべてあげてください…



さて、就活奮闘記はまた別の記事に書きます。
今回はドイツ到着日後半のお話。



空港泊で疲れを引きずっていたので部屋に通されてからは周辺や色々な観光スポットを調べていました。
疲れている日はこんな感じで明日以降の行動計画や周辺調査に時間を使います。
その後体力が回復してきたので宿周辺を散策。


スーパーで物価調査&夕食買い出し

f:id:kannzinn:20200626090003p:plain

ご覧ください!!
サンドイッチが2ユーロしません!!!
なんと良心的な価格でしょうか!!!

ノルウェーだったら600円しますよ!!

ドイツは激安の殿堂でした。



ドンドンドン♪ドイツ〜って思わず歌いましたね。


宿周辺を練り歩きましたが、とにかくライムという電動キックボードで町を滑走している若者が多いのが目につきました。
その説明もまた後ほどしますねw

f:id:kannzinn:20200626092715p:plain


宿の近くの工事中の道。
ドイツの治安は移民等の関係でヨーロッパの中ではまずまずとのことなので気をつけて歩きます。

この日の夕食はドイツらしいレストランとかで食べたかったのですが、お高いのでスルー。
カリーブルストのお店でカウンターのおばさんと格闘してなんとかビールとフレンチフライにチーズがのったやつを入手しました。


スーパーで買ったビールとサンドイッチ、オリーブのチーズ詰めで一杯やったのは至福の思い出。



さて、二日目は水族館行ったり攻めましたよ!
ベルリン滞在は2日間だけだったので頑張りました!!



今回はこの辺りで
オガヴァがお送りしました!( ・∇・)

ノルウェーからドイツへ 空港泊明けの移動

さて、さくさくと語らいますよ!
ノルウェーの次はドイツのベルリンに立ち寄りました。
目的はビール
そりゃそうだろ?酒好きがドイツに行く理由なんてそれだけで十分。
本場のビールとベルリンの壁がメインターゲットですね。

それではノルウェー・ベルゲン空港からの移動とドイツ入国、ホテルに到着するまでざっくり書いていきます。

ベルゲンからオスロを経由してベルリンへ

f:id:kannzinn:20200404145903p:plain

ベルゲン?ベルリン?
ややこしいですね。
ノルウェーベルゲン空港から首都オスロ空港を経由してベルリンに向かいます。
早朝便で空港泊だったため、フラフラの状態での移動、地味にしんどかったです(※宿代ケチった自分が悪い)
オスロ空港はノルウェー首都だけあり広くて分かりにくいし、ラウンジもないので冷たいベンチでうとうと。
そしてなぜかここでバックパックのレインカバーを紛失。
まぁ、カバーなくてもある程度は防水仕様だから問題ないんだけど、トロルの舌で活躍してたカバーだったのでちょっとショック( ; ; )
4〜5時間ほどのフライトでドイツの首都、ベルリンに着きました。

ベルリン到着

ノルウェーEU非加盟国ですがシェンゲン協定エリア内というのもあってか審査はゆるかったような、そもそも無かったような…
記憶にございません。
ギュウギュウのバスに乗ってホステルに向かいます

f:id:kannzinn:20200602193546p:plain
ベルリン名物片輪の放置自転車
ドイツに到着してまず気になったのが、色々なところにある放置自転車の車輪が無くなっていること。
車輪、高く売れるんですかね。



12時くらいにホステルに到着しましたが、空港泊した日に限ってチェックイン時間厳守がお約束。
ふらふらの体でとりあえずケバブ
f:id:kannzinn:20200603155113p:plain


宿にはめずらしく3人も日本人がいましたが、なんか気があう感じがしなかったのであまり絡みませんでした。
その代わりポーランド人のにいちゃんがめっちゃ気さくで日本のアニメ好きらしく、新海監督最新作、天気の子が早く見たい!!って言っててめっちゃ可愛かった。
世界の新海誠さすがすぎる。


夕方とかの記憶はもうちょい呼び起こすことにしますので今回はこの辺で。
オガヴァがお送りしました!