風来のニート〜元住所不定無職ガチ勢の日常〜

プチ潔癖+心配性の元社畜がノリと勢いで世界一周した話、ダイビング、ギター、イラスト、サバゲー、趣味と仕事と生き様について語ります

気力が底尽いたのでユーラシア最西端のロカ岬で癒された話


ポルトガル観光の最終日、ユーラシア大陸最西端のロカ岬に行って来ました!
ホテルで会った日本人の男の子が行って来た!と行っていたのですが、そういう報告聞くと行きたくなっちゃうんですよね。


リスボンからは郊外電車とバスを乗り継いで行きます。


まずは地下鉄でロシオ駅へ

ロシオ駅からシントラ行きの電車へ乗る

シントラ駅からバスでロカ岬へ

という手順です。
写真撮ってないので道中のアクセス方法はカットでw
(旅ブログの一番需要あるところなのに…)


ここでワンポイントアドバイス
リスボンの地下鉄の自動券売機で買え、地下鉄、トラム、バスに使える1dayパスですが、シントラからロカ岬へ向かうバスでは使えません!
私はこれを知らずに買ってしまい、元を取るためにリスボンでバスや電車でさらに追加で観光するという失態を犯しましたwみなさんは気をつけて!


バスもアナウンス等ありません。運転手さんにあらかじめ『ロカで停まって!』と念のため伝えましょう。
ロカで降りる人は結構多いのでスルーすることはないはずですが、いつかな?停まってくれるかな?と心配しながら行くより気持ちが楽ですw



気力が底尽きたのでマジで写真撮ってないですね…数日前の僕よ、今私は後悔しているよ


ロカ岬、どんな感じ?


f:id:kannzinn:20191027213606j:plain


f:id:kannzinn:20191027213619j:plain



f:id:kannzinn:20191027213612j:plain



うぉおぉおおおおお!!!!


絶景大好きおじさんにこの景色は気力回復に十分効果を発揮しました。

海面が太陽に照らされてキラキラしているのが宝石が光っているようできれいで、ずーっと眺めていました。
石碑には『ここで地果て、海始まる』というポルトガルの詩人の言葉が記されているそうです。

綺麗な海と地平線を眺めながらこれまでの旅のこと、これからのこと考えたり
東の端っこの島国日本から遥々来たなーっとぼんやり考えるにはすばらしい場所です!




ん?足元になんかある


なんだろ?
ゴミかな…


f:id:kannzinn:20191027214244j:plain



よく見たら南京錠。
愛を誓い合うのは勝手だけど、もうなんか怖い。
ヨーロッパのカップルの南京錠に対する執着が怖い!!!
なんなの!?そんなにみんな南京錠大好きなの!?
ホームセンターに恋人用普通に売ってたりすんの!?
もう怖いわ…ヨーロッパ怖い…
南京錠かけすぎだもん。ぼっちが行くと胸がキュッってなるもん。


なんですかね、この胸が締め付けられるように痛いんですけど。
お医者さん行った方がいいですか?

医者『どうされました?』

ワイ『イタい恋人たちが観光地にかけた南京錠を見ると胸が締め付けられるように痛むんです。』

医者『小倉ゆず出しときますね』



ってなりますかね?お医者さんが恋人紹介してくれますかね?


そんなこともありましたが、インスタガチ勢のパツ金姉ちゃんに写真お願いしたり岩に座って好きなだけ海眺めてぼーっとして過ごしました。

充実!!!!!!




翌日リスボンからローマ行きの飛行機に乗るのですがこれがストライキで欠航になったりとロカ岬でチャージした気力を全部持って行かれました。
また書きます

オガヴァがお送りしました!!