風来のニート〜元住所不定無職ガチ勢の日常〜

プチ潔癖+心配性の元社畜がノリと勢いで世界一周した話、ダイビング、ギター、イラスト、サバゲー、趣味と仕事と生き様について語ります

カッパドキアからエジプトのダハブへ


サングラスの記事を書いたのに、サングラスをカッパドキアで無くしましたw
なんなら帽子もどこかに置き忘れてしまったようで、エジプトで再購入。
どっちも気に入ってたのになぁ…
特にキャップはなかなか無いデザインというか、柄だったのでショックです( ;∀;)


そして現在エジプトに来たのですが、エジプトなんて日差しやばいじゃ








サングラス無いと眩しくてたまらんのでキャップと同時に購入したのですが
盛大にぼったくられました。


値札付いてないんだよ。なんでぼったくる前提でくるんだよ…
色々と奮闘しております。住所不定無職ガチ勢オガヴァです。




カッパドキア からエジプトのダハブに来ました!
アクセスの仕方を書いておくので世界一周旅行する人とか
ダハブ大好きでトルコから行く人など全人類に参考になるはずなのでぜひ見てね☆


ダハブってどこ?


f:id:kannzinn:20190901014241j:plain



f:id:kannzinn:20190901014835j:plain

この辺


エジプトの紅海に面した町です。
綺麗な海と格安で泊まれるリゾート施設などがあり、世界中から観光客が癒しを求めて訪れます。
一時は治安の悪化で観光客が遠退いたようですが、今はそこそこ居ますね


ダイビングの聖地

f:id:kannzinn:20190901014424j:plain



ダハブと言えばダイビング!世界的にも透明度が高く、サンゴがたくさん群生している海として
ダイバーの中では有名です。
もちろんダイビングされない人はシュノーケルや海水浴、SUPなどやってる方もいました。


カッパドキア からダハブへの行き方


f:id:kannzinn:20190901014553j:plain


カッパドキア からシャトルバスでカイセリ空港へ

カッパドキアの近くには2つ空港があります。
その一つ、カイセリ空港へ
カッパドキア からは車で1時間ほどで到着します。
トルコからダハブに行くにはイスタンブール空港で乗り継ぎが必要なので
もうバスで10時間かけてイスタンブール戻るの面倒だったのでズルしましたw




f:id:kannzinn:20190901014613j:plain

カイセリ空港は小さな地方空港みたいです。
セキュリティ通過にすさまじい列。笑
検査の機械が少ないのに対してお客さんがいすぎです。
飛行機の出発が少し後れてヒヤヒヤでした。
機内で隣に座った家族連れの男の子がポテチをくれて楽しかったです♪
日本じゃ絶対ありえないシチュですね



イスタンブールで飛行機を乗り継ぎ

イスタンブール・サビハ・ギョクチェン空港からシャルムエルシェイク空港へ


f:id:kannzinn:20190901014811j:plain

空港乗り継ぎの中ではなかなかの難呪文w
エジプトに行く飛行機と言えばクワガタのスタンド、タワーオブグレー
奴との戦いに備えてラウンジでエネルギーを補給します。
イスタンブールのラウンジ豪華でした。でも椅子の皮が破れてるのが多かったなw







エジプト到着

シャルムエルシェイク空港へ深夜3時に到着。
…ひま!!眠い!


ということで空港のベンチで寝ます。
空港の職員に『これからどこに行くの?』と聞かれて起こされましたが
『ダハブだけどバスの時間までまだあるから寝かせて』で押し通しましたw



f:id:kannzinn:20190901014948j:plain



お金を下ろそうとしたらATMからカードが出なくなる

マジで焦りました。
空港の清掃員の人が来て、なんとか操作して出してくれたけど
今度はそいつがチップを要求して来ます。

…だからぁ、金持ってないからATM使おうとしたんじゃん!


町まで行けばおろせるだろう…
そんな望みをかけてタクシーに値段交渉

なんとか35ユーロで街まで乗せてくれるタクシーを捕まえて乗車しました。
こんときトルコでユーロのお金下ろしておいてよかった!と思った。



f:id:kannzinn:20190901014846j:plain


タクシーからの景色。
すごい岩山と荒野に一本だけ敷かれたアスファルトがすげぇ!
テキサス感!!






まとまらない感じですが、今日はこの辺で!


つづく!


おがゔぁがお送りしました!( ^ワ^ )ノシ