風来のニート〜元住所不定無職ガチ勢の日常〜

プチ潔癖+心配性の元社畜がノリと勢いで世界一周した話、ダイビング、ギター、イラスト、サバゲー、趣味と仕事と生き様について語ります

ニートという生活スタイルの有り方と向き不向きを考える

こんばんは!

昨日はサバゲーで暴れて来ましたw
久々にフルオートで撃ちまくって気分爽快なオガヴァです。


さて、もうすぐ南米に出発です。
また長期旅行に行くと決めていたため、仕事はせずに旅行の準備や家事をしながら1ヶ月ニートをして過ごしたわけですが、今回改めてニートしてみて『私ニート向いてないな…』と思いました。

そう考えた理由についてこの後説明してみたいと思います。


これからニートを目指している方や長期でゆっくりしたい方の参考になれば幸いです。

ニートは最高?

仕事しなくていい。それはまさに社会からの解放のようで最初は満喫するのです。
しかし途中から『退屈』という感覚が自分を包みます。



お金を使った遊びができない

時間はあるけど、自由に使えるお金が少ないのがニート
これは高校生が夏休み色々したいと考えるも結局資金不足で何もできない感じに似ています。
趣味にも友達と遊ぶにもそれなりにお金がかかりますからねぇ。

友達と時間が合わない

私の多くの友人が土日休みの仕事をしています。
友人と遊べるのは土日、平日はなんとなく過ごして時間を無駄にするというサイクルが実際過ごしてとてももどかしかったです。

自己管理ができない人間は堕ちる

私は自己管理が苦手ですw
夜遅くまで起きて、昼過ぎに起きて、ぼーっとしてたら1日が終わってしまう、ということがよくあります。
本来だったらブログの収益化について調べたり、イラストを練習したり、ギターを練習したり、自分が好きな趣味を高めるために時間を使いたいのですが、それを効率的に友好的に時間を使えたらプロにだってなれていたかも…
集中力が続かず、モチベーションを自己管理していけない人間は堕落してしまうのでニートは向いていません。
私はむしろ仕事をしていてある程度拘束された方が時間を有効に使えるタイプだと自覚しました。


ニートに向いている人、そうでない人


友達と行う趣味がある
出かけることが好き
友達と過ごす時間が好き
家でじっとしているのが苦手

こういう行動パターンや趣向の人にはあまりニートという家で過ごす生活スタイルは向かないかもしれません。
逆に


インドアの趣味を1日中して過ごしたい
ゲームやイラストなどの趣味を仕事にするために技術を磨きたい
友達はネットで交流があるだけで十分など

こういう方は充実した日々が過ごせるのではないでしょうか。



ということで私は南米を旅行しながら自分に合った生活スタイルと仕事について考えて、帰国後は転職活動をスムーズに進められるようにしたいなぁ。
オガヴァがお送りしました!