風来のニート〜元住所不定無職ガチ勢の日常〜

プチ潔癖+心配性の元社畜がノリと勢いで世界一周した話、ダイビング、ギター、イラスト、サバゲー、趣味と仕事と生き様について語ります

イタリア観光 ヴェネツィア お金がないので水上バスでだらだら街をまわる




ヴェネツィアのアクティビティといえばゴンドラに乗ったり、遊覧船などがありますが、結構高いんですよね。
ゴンドラとか30分80€ですよ!?9,000円ちかくするんですよ!?
誰かと割り勘だったら考えましたが、私は1人だったので『今回は諦めよう…いつか彼女作ってもう一度ヴェネツィア来るんだ…!』と固く誓いました。

まぁ、でも実はもっと手軽に運河をクルージングする手段があるんです。
それが水上バス、ヴァポレット。


f:id:kannzinn:20200315141014p:plain

水上バスとは?

画面左の大きめな船が水上バス
車禁止のヴェネツィアにおいて観光客だけでなく地元住民の足としても活躍しています。
様々な路線があり、ヴェネツィア観光の必須交通手段。

水上バスの料金は?

一回券:7.5ユーロ
・24時間券:20ユーロ
・48時間券:30ユーロ
・72時間券:40ユーロ
・1週間券:60ユーロ

滞在日数によって選びましょう。
ただし、空港に行く水上バスなどは上記のチケットでは乗れないなどあります。ご注意ください。
基本的には24時間以上を買って乗り回すのがよいですよ!
これで値段を気にせず乗り回すことができます!


水上バスでダラダラする

お金のない私は水上バスのデッキ席に座ってひたすらのんびりしてました。
遊覧目的の船ではないですが、ベネツィアの大きな水路をくまなく走るため、地上からは見れない街並みをゆっくりと眺めることができて楽しかったです٩( 'ω' )و
夕暮れ時からの夜景を水路から眺められたのは本当によかった!

水上バスでダラダラするときの注意点

水上バスは地元民、観光客の貴重な足です。
なので時間によっては本当ギュウギュウに人が乗り込んで来ます。
なので早朝や夕方などのたくさんの人がの利用する時間は避けよう。
日本の山手線のラッシュをアトラクションと思い込んでる外国人旅行者のようになってしまうゾ!
それと、路線によっては乗客が少ない水上バスもちらほらあります。
そーゆーの利用しましょうw

ベネツィア水上バスまとめ

とっても便利なベネツィア水上バス
ぜひ移動だけでなく空いてる時間にのんびり水路から街を眺めてみてはいかがでしょうか?

オガヴァがお送りしました!٩( 'ω' )و